京都市中京区トラストハウジング山田ブログ

Archive for the '紫竹大門町新築現場日記' Category

断熱材

工事も順調に進んでいます。
 
設計士の先生との打ち合わせで、外壁やフローリングの色、
 
キッチン・お風呂などの設備関係も決まりました。
 

 
一階にはお風呂が入りっています。
サッシ・断熱材も入るとだいぶ家らしくなります。
断熱材も隙間なくきっちりきれいに入っています。この季節、現場の中は暖かく感じます。

コメント(0)

中間検査

本日は建物の中間検査でした。
 
建物が建築確認書通り建てられているか、金物などもきっちり入っているか、
 
検査員が現場に来られて、チェックされます。
 
当然、無事合格!! 
 

コメント(0)

上棟

本日、上棟の作業が行われました。
 
あいにくの曇り空ですが、なんとか夕方まではもちそうだとの天気予報を信じて、
決行です。
レッカーも入り、朝から工事も順調に進みました。
 

 レッカーで木材はあげますが、組み立てるのは人力、高いところで作業される大工さんにはいつも感心します。
 ありがとうございます。
 雨もなんとか持ちこたえ、無事、上棟をすることができました。
 

コメント(0)

基礎工事

地盤改良が終わり、次は基礎工事にかかります。
 
城南宮でいただいた、鎮めものを納めさせていただきました。
 

 
背筋工事を終え、検査も無事に合格をいただきましたので、基礎のベースのコンクリートの
打設を行います。
 

 

 
コンクリート打設
  

 

 
ベースのコンクリートが固まるまで焦らず、置いておいた後立ち上がりのコンクリートを
打つための型枠を組みたてます。
 

 
完成した型枠に基礎立ち上がりのコンクリートを打設します。
コンクリートの検査もきっちりして、頑丈な基礎を造っています。
 

 

 
ここから、またコンクリートが固まるまでゆっくり時間を置きます。
家も仕事もスポーツもなんでも基礎が大事だと思います。
きっちりいい仕事をして、きっちりよい基礎工事が出来たと思います。
 
型枠をとってまたしばらく、固まるまで時間を置きます。
コンクリートは急激に固まるより、ゆっくり時間をかけて固まるほうが、
強度が増す特性があります。今回は雨が降ったり、気温も高くなりすぎず、
天候にも恵まれたと思います。
コンクリートが固まるのを待つ間、境界のブロック積みの工事をしていただいているところです。
 

 

コメント(0)

地盤改良

工事の初めは地盤を強くする改良剤を混ぜる地盤改良をします。
 
事前に地盤の調査をして、基本的にはこのあたりはいい地盤であるということでしたが、
 
若干、弱いところもありましたので、念のために地盤改良をすることにしました。
 
平成23年9月13日 

 
改良剤を混ぜた後、転圧機で押し固めます。
 

 
基礎の形に整地をし、基礎工事に備えます。
 
これから雨が降るということです。雨降って地固まると言います。
 
この家にとっては良い雨になることでしょう。
 
平成23年9月17日 

 

コメント(0)

紫竹大門町現場日記

本日、9月13日(大安) 
 
北区紫竹大門町の新築住宅の工事が始まります!!
 
工事の状況をこのブログで紹介させていただきます。

工事の始まる前に、安全を祈願して城南宮さんへお参り、お札や清めのお砂などをいただいてきました。
 

現場で清めのお砂を四隅と中央に安全を祈願してまきました。
 
工事が安全にすすみますように
 

 
物件の北に使用されていない井戸があります。
 
今回、埋めてしまいますので、これまでの感謝の気持ちをこめて清めの砂を。
 
この新築もいつもお世話になっている設計士さん、工務店さんにお世話になります。
 
力を合わせてお客様に喜んで住んでいただける家づくり!! 頑張ります!!

コメント(2)

back to top