京都市中京区トラストハウジング山田ブログ

Archive for 2009.8月

やじ馬

小泉純一郎さんに会って行きました!!

いえ・・・。見てきました!!

西大路三条に小泉元総理が応援演説にこられるというステカンをみて、特定の政党を応援しているわけではありませんがやじ馬の一人となってきました。
良くも悪くもあれほどの勢いで日本を動かした人物を生で見たい!!との衝動にかられ、事務所を抜け出し、いざ出陣!!

私が到着したときにはもうすでにすごい人。
なんとか近くで見ようと人ごみをかきわけ近づいていきました。

近くで見た小泉さんの印象は「普通のおじさん」です。にこにこ手を振り、孫と遊ぶおじいさんみたいでした(笑)

しかし!!ひとたびマイクを握り、応援演説が始まると、あのテレビでよく見た身振り手振りを加えた「小泉節!!」

一言、一言の分かりやすさと声を裏返らせての迫力ある言葉の勢い。
ただものではありません!!〔あたりまえか・・・。(笑)〕

なにかすごくパワーをもらったような気がしました。単純な私です・・・。
感動した!!古いですね・・・。

なにはともあれ仕事をすこしさぼってしまいましたが、いただいたパワーを活用して今日も頑張ります!!

僕にもあのトークの力があればもう少し家が売れるかな?(笑)

コメント(0)

クジラとイルカの違い

トラストハウジングは12日から16日まで夏季休暇をいただいております。

私はおかげさまで12日、13日とお仕事をいただきましたので働いています。

私は昔から皆が休んでいる静かな事務所で一人仕事をするのが好きです。
サラリーマン時代も休みの日に一人でのんびり休日出勤をしていたことを思い出します。

とはいえ、休むことも好きなので仕事が入らなければ明日からお休みをいただきます!!

先日家族と水族館に行ったときにイルカに飼育員さんが餌をあげておられたときの写真です。

こんな暑い日はイルカのように海を飛び跳ねながら泳いでみたいです。
かなづちである私はイルカにすごくあこがれます。

ところでイルカとクジラの違いをご存知ですか?

イルカもクジラも生物学的には「鯨類」で同じ仲間なんだそうです。
一般的に4~4.5m以下の種類のものがイルカとよばれ、それ以上の大きさになるものをクジラと呼ぶそうです。シャチは4mのものや5mくらいになるものがあるのでイルカでもクジラでもなく違う呼ばれ方をしているそうです。

今日はイルカやクジラのように、ゆっくりのんびり頑張ります!!

コメント(0)

続・桃太郎

私の名前は山田崇博(ヤマダタカヒロ)と申します。

私の曽祖父は七蔵(シチゾウ)、きっと7番目の子供だったのでしょう。
おそばで有名な出石のほうから京都へ大工の丁稚奉公に来たそうです。

私の祖父は七太郎(シチタロウ)、長男ですが七蔵の七をとったのでしょう。

私の父は耕太郎(コウタロウ)、祖父七太郎の太郎をとってつけられたそうです。

私が生まれたとき祖父七太郎はこの先祖代々の流れから、私の名前を山田太郎にしたかったそうです・・・。
それを私の父が時代に合わないと反対し崇博にしてくれたそうです。

よかったです!!

時代的に完全にドカベンとかっぶてます・・・。(笑)

なぜ、崇博にしたかと父に尋ねると、山は高く、田んぼは広い、山田高広。
連想ゲームです・・・。
お父さん、おじいちゃん、人の名前で遊んでませんよね・・・?

私は山田崇博と申します。けっこうこの名前は気に入っています。

なにはともあれ、山田桃太郎にされなくてよかったです(笑)

お盆前になり特に書くネタもないのでこんな話でお許しください・・・(汗)

コメント(0)

桃太郎

8月よりトラストハウジングのスタッフが一人増えました!!

事務の仕事をしていただく女性のスタッフです。これで皆が営業に出て行って事務所がからっぽということがなくなりお客様にご迷惑をお掛けすることが少なくなると思います。

これで私一人だったトラストハウジングも4名になり、少し会社らしくなりました(笑)

会社の経営は昔話の桃太郎に似ていると聞いたことがあります。

誰もが知っている、ももから生まれた桃太郎が鬼が島に鬼退治に行く途中で、きび団子を分け与えながら犬、猿、キジを仲間にし、それぞれの能力を借りながら鬼を成敗したというお話です。

経営も社長だけではできることは限られています、お給料というきび団子で仲間が集まり、そしてそれぞれのすぐれている能力を活かし、協力しながら一つの目標に向かえばより良い仕事ができる。そんな桃太郎的な経営をしなさいと教えていただいたことを思い出しました。

私たちも4人になり数的には鬼が島に鬼退治に行ける人数になりました。鬼が島はどこなのか?誰が猿で誰がキジなのか?ってことではありません(笑)

4人のいいところを最大限に活かしながら、これまで以上に「お客様が笑顔で暮らしていただける住まい探しのお手伝い」ができるよう協力して頑張っていきたいです!!

コメント(0)

back to top