京都市中京区トラストハウジング山田ブログ

Archive for 2009.9月

地鎮祭

先日、トラストハウジングが管理させていただく賃貸マンションの地鎮祭がありました。

建築工事が始まる前に工事期間中の安全を祈願するために行う儀式です。

普段の生活ではあまり神様にお願いすることもないのですが、こんなときばかりはやはり「神様、工事が事故無く無事に終わりますように」とお願いさせていただきました。

とは言いながらも、実際に建物を造っていただくのは現場の所長さんや設計士さんや職人さん方です。神様にお酒をお供えするより、監督さんたちとお酒を飲みに行ったほうがいい建物が出来るのでは?とも不謹慎なことも考えながら、滞りなく地鎮祭を終えることが出来ました。

工事関係者の皆様、完成までの半年間よろしくお願いいたします!!

来年、40歳、前厄のわたしは神頼みなんてと言いながらもきっと厄払いに神社へ出かけるだろう小心者です(笑)
その節は神様どうぞよろしくお願いいたします。

コメント(0)

木材印刷加工・よろず庵

前回のブログでトラストハウジングの看板ができたことをお伝えしました。

その看板を作っていただいた、よろず庵さんをご紹介させていただきます。

インターネットで木製看板・京都で検索して巡り会ったこのお店。
私が「町屋でやっている不動産屋の看板を作りたいんですけど・・・。」と的の得ない内容でお電話させていただくと、「一度、木を見に来て」とご主人。

車で40分ほど京北網野町のお店に着くと、お店には木材に写真や絵が印刷されたいろいろな商品やこれから商品になろうとしている材木でいっぱいでした。

これらの木は、丸太を製材して建築用の材木としては使えない残りの部分だそうです。
それをよろず庵さんが、木の名刺や木のはがき、箸、額などなどに加工し商品化されているということでした。エコですね。

私が「こんなイメージの看板をこれくらいの大きさで作りたいんです」とお伝えすると、
よろず庵のご主人は「この木はどう?」と私のイメージにぴったりの木を選んでいただきました。
まさにトラストハウジングの看板になるために生まれてきたような木に出会い(笑)、前回紹介させていただいた看板が生まれました。ありがとうございました。
エコな材料を使ってられるせいかお値段も、私が想像しているより安く作成していただき助かりました。

今はまだ白い看板も月日がたつと日に焼け味が出て、よりよいものになっていくでしょう。
トラストハウジングも看板に負けないように月日がたつと共に味のある?よりよい会社にしていきたいです(笑)

コメント(0)

看板

9月になりました。8月後半はバタバタで、あまり更新出来ませんでした。
心機一転、9月はどんどん更新していこうと思います。

トラストハウジングの看板ができました!!

 

町屋の雰囲気に合うように木製の看板にしました。
木に直接、印刷することができる大きなインクジェットプリンターで作っていただきました。

これまで、また少しお店らしくなりました(笑)
たくさんお客様が来ていただけると嬉しいです。

コメント(4)

back to top